救急部

特色と実績

■ 当院では時間内の通常診療に関しては、原則として診療情報提供書を持参して頂いた患者さんを受け入れる『紹介型』の病院ではありますが、診療情報提供書を持たない、いわゆる“飛び込み”患者さんにも対応しております。当院の『救急部』は休日夜間急 患センターとは別に、平日日勤帯に紹介状をもたずに受診される患者さんや、救急車で来院される患者さんの初期対応・初期治療にあたる役割を担っています。

■ 診療情報提供書をもたずに受診される初診患者さんの場合、選定療養費をお支払いいただいております。(ただし救急搬送患者を除く)

 

■ 救急部の所属医師は2名ですが、適宜該当する診療科との連携を行い、適切な治療を速やかに行うことができるよう努めております。また救急隊とのホットライン(専用のPHS)を設け、救急搬送患者を直接医師が情報を取得して受け入れる体制を整えています。成人患者の場合、平日日勤帯は常勤医師が当番制で、また休日・夜間は常勤当直医がホットラインを所持して救急搬送患者に対応しています。小児患者の場合、平日日勤帯は常勤の小児科医が対応し、夜間・休日は出動協力医の先生に対応をお願いしております。

■ 救急患者さんのご紹介は、各科の担当医に直接ご連絡いただいているケースが多いかと思いますが、 どの診療科に該当するか判断に迷う場合、また状態が悪く対応を急ぐ場合などは救急部に直接ご紹介いただいても構いません。ご紹介いただきました患者さんは原則としてお断りすることなく全症例を受け入れる方針で対応しております。

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.