診療科紹介

診断について

検査はできるだけ外来で行う方針で、生検(確定診断)・胸腔鏡検査などもほとんど外来(日帰り)で行っ ています。診断がつき次第、次に行う病期診断も遠隔地の患者を除き外来で行い、入院期間の短縮を図っ ています。

治療について

■ 特別な治療として、内視鏡的治療に力を入れています。癌性気道狭窄に対して、マイクロ波凝固、高 周波スネア、アルゴンプラズマ凝固など用い、対象病変に応じて治療を選択しています。その中でもマ イクロ波は Nd-YAG レーザーと違って高濃度酸素投与下でも治療が可能で、比較的安全に気道内腔の 開大が得られます。また、気道ステントの挿入で、癌性気道狭窄の呼吸困難の劇的な改善が得られてい ます。

■ 重症気管支喘息患者に対して、種々の抗体製剤治療も行っていますが、気管支サーモプラスティ(気 管支熱形成術)という非薬物療法も行っています。これは気管支鏡を用い専用の電極付きカテーテルで 気管支壁に 65℃の熱を 10 秒間与え、気管支平滑筋の筋量を減らし、喘息発作が起きる頻度を減らす という治療法です。当院では、1 回計 1 時間ほどの治療を一泊入院で行い、3 回にわけて 3 週間隔で行 います。治療の適応条件もありますので、まずは外来(月,水 担当 津村)へご紹介ください。

​医師会会員への支援

■ フィルム読影の支援、気管支鏡技術習得のトレーニングなどを行っています。また、地域医療連携室を介して医師会員との連携を密にしています。

セカンド ・ オピニオンについてのお願い

■ 肺癌に関するセカンド・オピニオンの希望も数多く受け付けています。なお、肺癌のセカンド・オピニオンは相当な時間を要するので、外来診療の時間帯に来られますと、通常の診療に支障を来たします。そのため、必ず電話での予約をお願いいたします。

診療実績

2019 年度の入院患者数はのべ 686 人とやや減少しました。疾患の内訳は肺がんが 207 人(30%)、 気管支炎・肺炎・胸膜炎が 166 人(24%)、高齢者に特有の誤嚥性肺炎は 86 人(13%)でした。悪性疾患と呼吸器感染症がそれぞれ 3 分の1を占めています。

■ 2019 年度に呼吸器内科で行った気管支鏡検査は 191 件、その内超音波を用いた検査が 90 件、癌性気道狭窄などに対する治療として、マイクロ波凝固が 8 件、ステント留置が 1 件でした。重症気管支喘息患者に対する気管支サーモプラスティを 2 症例 4 件行いました。

スクリーンショット 2020-08-12 8.23.56.png

気管支熱形成術

​専用カテーテル

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.