診療科紹介

2020年4月より新たに常勤医による皮膚科外来が開設され、入院治療にも対応しております。皮膚疾患によって引き起こされる痛みやかゆみなどの不快な症状や外見上の問題は、quality of life を大きく低下させます。些細なことでもぜひご相談いただければと存じます。

■皮膚科は 2016 年以降、週 3 回の外来診療のみの非常勤体制でありましたが、今年度より常勤医 1 名と外来診療のみ担当する非常勤医 2 名の体制となりました。
 

■帯状疱疹・蜂窩織炎・白癬など皮膚感染症、アトピー性皮膚炎、乾癬、薬疹、皮膚腫瘍など皮膚科疾患一般を扱っています。特に当院では、2013 年に小児アレルギー外来開設、2019 年にアレルギー診療センターが設立され、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などに関しましては、アレルギー専門医、小児科医師とも連携して皮膚のみならず包括的な治療を行っております。外科的な治療が必要な疾患に対しては、外来日帰り手術、入院での手術に対応しています。
 

■疾患や治療だけでなく、日常生活の注意点、外用剤の使い方など丁寧な説明を心がけ、地域の先生方とも連携を図りながら、また重篤な疾患、高度な専門性を要する疾患に関しては、熊本大学病院皮膚科・形成外科とも連携し、ご紹介いただく幅広い皮膚疾患に対応できるように取り組んでおります。

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.