診療科紹介

( PDFを印刷してご利用ください。)

特 徴

■緩和ケアのご相談は代表番号にお電話をいただき、「緩和ケア相談外来の問い合わせ」とお申しつけください。電話でお話をお伺いした上で、初診(緩和ケア相談外来)の予約を取らせていただきます。
 

■初診(緩和ケア相談外来)は十分に時間をとって相談に応じるため、上記のように事前に予約をお願いいたします。
 

■急性期 / 回復支援病棟と外来では、多職種の緩和ケアチームで各科の医師による基本的な緩和ケアを支援します。
 

■緩和ケア病棟では、がんの終末期の患者さんに専門的な緩和ケアを提供します。
 

■在宅での緩和ケアを希望される患者さんには、かかりつけ医・在宅療養支援診療所・訪問看護ステーションと調整して在宅での緩和ケアの導入を支援します。
 

■初診(緩和ケア相談外来)で話し合っていれば、必要時に緩和ケア病棟へ円滑に緊急入院できます。
 

■臨床心理士もその活動を全病棟および外来にまでひろげ、さらに「全人的ケア」を充実させています。

治 療

当院の緩和ケアは、がんの診断から終末期まで一貫して過不足なく緩和ケアを提供できるよう、各科医師と協同して活動しています。もともと、緩和ケアは「姑息的なケア(palliative care)」の和訳で、対症療法(症状を薬物で軽減する医療)を意味し、各科医師が病気の治療開始とともに必要に応じて並行して対症療法(基本的な緩和ケア)を行います。症状が強い場合や病気の治療ができなくなった場合に、各科医師と協 同して専門的な緩和ケアを行っています 。当科では、患者さんやご家族と医療者との情報共有と合意形成のプロセスを大切にしています 。

実 

スクリーンショット 2020-08-20 13.31.51.png

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.