令和3年度熊本地域医療センター病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢階級別退院患者数.png

当院は、かかりつけ医の先生方と共同で診療を行う開放型病院であり、また、地域医療支援病院として、幅広い年齢層の患者さんに、紹介患者に対する医療と救急医療の提供を行っております。

年齢層においては、60歳以上の占める割合が全体の58%となっており、疾患別にみると消化器疾患、呼吸器疾患、次いで循環器疾患となっております。

また、小児救急医療拠点病院として24時間365日、小児科医師による診療を行っていますので、10歳未満の占める割合も全体の24%となっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■消化器内科

診断群分類別患者数等(消化器内科).png

 

消化器内科では小腸大腸の良性疾患(大腸ポリープなど)、胆管結石、胆管炎等の胆道疾患の症例が多く、内視鏡的に治療しています。当院の内視鏡室は、専門的な内視鏡技師・看護師を配置しESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)をはじめ、先進的な取り組みを行っており、ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影)やEUS(超音波内視鏡)等による治療も充実しています。

当院は夜間休日診療を行っており、大腸憩室(大腸の壁が袋状に外に飛び出すくぼみ)のある方で、腹痛や発熱をきたす大腸憩室炎や大腸憩室出血、大腸の血流障害により大腸粘膜に炎症や潰瘍が発症し、腹痛・下痢・下血を来たす虚血性腸炎の症例が多くなっています。

消化器がんも診断から内視鏡治療、抗がん剤化学療法、緩和医療まで、QOLを考慮した高度な治療に取り組んでおります。

■小児科

診断群分類別患者数等(小児科).png

 

小児科では食物アレルギー負荷試験の検査入院が多く、続いて気管支炎、上気道炎、喘息といった呼吸器系疾患の症例が上位を占めています。

当院は2019年に熊本県アレルギー疾患医療連携病院に認定されたことを機に、アレルギー診療センターを設立し、アレルギーの診療および人材育成に力を入れております。また、小児救急医療拠点病院として24時間365日、小児科医師による診療を行っており、急性疾患の短期入院が多くを占めています。長期治療を要する疾患児や慢性疾患児は、患児にとってより相応しい他病院の小児科と連携して診療を行っています。

■消化器外科(2021年4月~10月)

診断群分類別患者数等(消化器外科).png

 

当科は、胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、次いで15歳以上の鼠径部ヘルニア手術、結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍に対する化学療法、急性虫垂炎の緊急手術、膵臓の悪性腫瘍に対する化学療法の順となっています。

熊本県指定がん診療連携拠点病院として、外科では悪性腫瘍に対する集学的な治療を行っており、手術だけではなく、化学療法なども積極的に行っています。

2021年11月電子カルテ変更のため、消化器外科(10月まで)、外科(11月以降)となっています。

■呼吸器内科

診断群分類別患者数等(呼吸器内科).png

 

呼吸器内科では、呼吸器疾患全般にわたる診療を行っております。症例数としては高齢者に特有の誤嚥性肺炎が多く、患者さんの平均年齢は85歳を超えています。肺胞の壁に炎症が起こり、壁が厚く硬くなり、肺の膨らみが悪くなる間質性肺炎の症例や、肺炎、気管支炎症例が多くなっています。高齢者は合併症も多く難治化しやすいため、入院期間も長くなる傾向にあります。肺の悪性腫瘍に対する治療も精力的に行っており、症例数としては抗がん剤化学療法が多く、内視鏡治療(気管支鏡など)も積極的に行っています。

■外  科(2021年11月~2022年3月)

診断群分類別患者数等(外科).png

当科は、胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が最も多く、次いで15歳以上の鼠径部ヘルニア手術、結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍に対する化学療法、急性虫垂炎の緊急手術、膵臓の悪性腫瘍に対する化学療法の順となっています。

熊本県指定がん診療連携拠点病院として、外科では悪性腫瘍に対する集学的な治療を行っており、手術だけではなく、化学療法なども積極的に行っています。

2021年11月電子カルテ変更のため、消化器外科(10月まで)、外科(11月以降)となっています。

■循環器内科

診断群分類別患者数等(循環器内科).png

 

循環器内科では、人口の高齢化に伴う高齢者の心不全症例が多くなっています。高齢者心不全は種々の心疾患を背景に、多くの問題を抱えているため、他診療科と連携しながら入院管理を行っています。

次に多いのは睡眠時無呼吸の検査入院で、外来でスクリーニングを行った後、無呼吸症候群が疑われる患者さんについては、1泊入院で終夜睡眠ポリグラフィーを行っております。

徐脈性不整脈(洞不全症候群や完全房室ブロック等)の治療においては、ペースメーカー移植術を行い、調律の異常を補正します。

狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患に対しての検査入院では、心臓カテーテル検査を行います。心臓カテーテル検査で冠動脈の狭窄や閉塞があった場合は、経皮的冠動脈ステント留置術を行い、冠動脈を拡張し、心臓への十分な血流量を確保します。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

■糖尿病代謝内科

診断群分類別患者数等(糖尿病代謝内科).png

 

糖尿病代謝内科では、糖尿病全般、内科系甲状腺疾患、動脈硬化性代謝疾患を中心に診療を行っています。症例数としては、糖尿病の教育入院や、糖尿病の合併症(神経障害、網膜症、腎症、ケトアシドーシス(高血糖性の急性代謝失調))に伴う入院が多くなっています。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数.png

当院は、熊本県より県指定がん診療連携拠点病院の指定を受け、診断から治療までクオリティーの高い医療提供を行うとともに、紹介型医療機関として他医療機関(地元の開業医)と連携した診療を行うためのツールである「私のカルテ」、また2015年より医療連携システム「熊本リージョナルネット」の運用を開始し連携をより強化しております。

2003年12月に外来化学療法室、2013年5月腹腔鏡手術センターを設立し、Stage ⅠからStage Ⅳの進行度に応じた内視鏡治療、手術、抗がん剤化学療法、生活の質を考慮した医療に努め、緩和医療を含めた全人的な医療を目指しております。

クオリティマネージメントセンターでは、患者さん、患者さんを支えるご家族の心理的・社会的・経済的な生活状の様々な相談に対し専門的視点に応じて他部門と連携・協働し支援しております。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

成人市中肺炎の重症度別患者数等.png

 

市中肺炎とは、普段の日常生活の中でかかる肺炎のことです。

全体で見ると「中等症」が全体の8割を占めており、平均年齢は80歳台前後の高齢者となっております。肺炎は高齢になるほど重症化しやすく、平均在院日数も長くなる傾向にあります。

当院では呼吸器内科で肺炎の治療を行っており、併存する別疾患があれば、各診療科と連携し治療を行っています。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

脳梗塞の患者数等

脳梗塞の患者数等.png

 

当院では脳梗塞に対し迅速な検査で診断、治療を行っています。治療後は自宅退院へ向けて、回復支援病棟(地域包括ケア病棟)にてリハビリを行い、さらに継続してリハビリを行う必要がある患者さんは回復期を担う医療機関に転院されています。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

■消化器内科

診療科別主要手術別患者数等(消化器内科).png

消化器内科では、内視鏡を用いた手術症例が多く、胃・十二指腸、特に大腸(結腸から直腸)のポリープや腫瘍(腺腫、早期がん)に対する内視鏡手術を多く行っています。入院当日に手術することが多いので、短期入院での治療になります。

胆道疾患(総胆管結石、胆管炎等)に対しては胆汁の流れを良くするために、胆道にチューブを留置する内視鏡的胆道ステント留置術や、胆管結石を取り除く内視鏡的胆道結石除去術も多く行っています。

内視鏡的消化管止血術は、胃潰瘍出血・十二指腸潰瘍出血の症例に対して行われます。針を刺して止血のための薬剤を注入する方法と、内視鏡の止血用に開発された特殊なクリップによって血管や潰瘍をつまんで止血する方法などがあります。

また口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺炎などを起こしやすい患者さんに内視鏡を使っておなかに胃ろうという栄養を取るための小さな穴を造る手術も行っています。

■消化器外科(2021年4月~10月)

診療科別主要手術別患者数等(消化器外科).png

当院では年間約700例以上の外科手術を行っており、術式では腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く行っています。胆嚢結石症、急性胆嚢炎等の疾患での手術で、入院期間は概ね8~9日間となっています。

次いで鼠径ヘルニア手術の症例が多く、小児と成人の幅広い年齢層で手術を行っており、およそ2割の症例が10歳未満です。

次に多いのは腹腔鏡下虫垂切除術で、ほとんどが緊急手術となっており、鼠径ヘルニア手術同様、幅広い年齢層で手術を実施しています。

また、CVポート埋込術も行っております。CVポートとは中心静脈カテーテルの一部で、抗がん剤や高カロリー輸液の投与に使用します。これにより点滴の痛みや苦痛を感じにくくして、血管に負担をかけずに抗がん剤治療等が行えるようになります。

悪性腫瘍の手術は、切除部位や範囲により手術項目が細分化されているため、上位には計上されていませんが、熊本県指定がん診療連携拠点病院として悪性腫瘍の手術に積極的に取り組んでおり、胃がん、大腸がん、膵がん、胆嚢・胆管がん、乳がんの症例が多くなっています。

また、当院の特徴として、膵がん、胆道がん、肝臓がん等の難治がん手術を数多く手がけ、日本内視鏡外科技術認定医は1名在籍しており、腹腔鏡下手術も積極的に行っています。

2021年11月電子カルテ変更のため、消化器外科(10月まで)、外科(11月以降)となっています。

■外  科(2021年11月~2022年3月)

診療科別主要手術別患者数等(外科).png

当院では年間約700例以上の外科手術を行っており、術式では腹腔鏡下胆嚢摘出術を最も多く行っています。胆嚢結石症、急性胆嚢炎等の疾患での手術で、入院期間は概ね8~9日間となっています。

次いで鼠径ヘルニア手術の症例が多く、小児と成人の幅広い年齢層で手術を行っており、およそ2割の症例が10歳未満です。

次に多いのは腹腔鏡下虫垂切除術で、ほとんどが緊急手術となっており、鼠径ヘルニア手術同様、幅広い年齢層で手術を実施しています。

また、CVポート埋込術も行っております。CVポートとは中心静脈カテーテルの一部で、抗がん剤や高カロリー輸液の投与に使用します。これにより点滴の痛みや苦痛を感じにくくして、血管に負担をかけずに抗がん剤治療等が行えるようになります。

悪性腫瘍の手術は、切除部位や範囲により手術項目が細分化されているため、上位には計上されていませんが、熊本県指定がん診療連携拠点病院として悪性腫瘍の手術に積極的に取り組んでおり、胃がん、大腸がん、膵がん、胆嚢・胆管がん、乳がんの症例が多くなっています。

また、当院の特徴として、膵がん、胆道がん、肝臓がん等の難治がん手術を数多く手がけ、日本内視鏡外科技術認定医は1名在籍しており、腹腔鏡下手術も積極的に行っています。

2021年11月電子カルテ変更のため、消化器外科(10月まで)、外科(11月以降)となっています。

■循環器内科

診療科別主要手術別患者数等(循環器内科).png

循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)に対する経皮的冠動脈ステント留置術を最も多く行っています。虚血性心疾患は、冠動脈(心臓に血液を供給する血管)の狭窄や閉塞によって、心臓の筋肉への血液の供給が不足し、心臓に障害が起こる疾患です。経皮的冠動脈ステント留置術はその狭くなった冠動脈を血管の内側から拡げるために行う治療になります。また、徐脈性不整脈(洞不全症候群や完全房室ブロック等)の治療においては、ペースメーカー移植術を行っており、定期的に外来で動作チェックを行い、交換時期が訪れればペースメーカー交換術を実施します。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

■呼吸器内科

診療科別主要手術別患者数等(呼吸器内科).png

呼吸器内科では内視鏡を用いた治療に力を入れています。がんにより狭くなった気道に対して、マイクロ波気管支鏡を用いて病変部の組織を瞬時に凝固し,縮小させ,気道内を拡げる治療を行ってます。主に呼吸困難(息苦しさ)の解消や予防を目的とします。

 また、重症気管支喘息患者に対しては、様々な薬物療法を行っておりますが、気管支鏡を用い専用のカテーテルで気管支の壁に熱を与え、気管支平滑筋の筋量を減らし喘息発作が起きる頻度を減らす気管支サーモプラスティ(気管支熱形成術)という治療も行っています。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

■小児科

診療科別主要手術別患者数等(小児科).png

 

小児科では、乳幼児にみられる腸重積の整復術を行っています。腸重積とは、腸の一部が重なり合ってしまい、血行障害、通過障害をきたす病気です。治療は、透視下空気整復により重積した腸を戻す非観血的整復術を行います。

厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率).png

重篤な疾患である播種性血管内凝固症候群と敗血症、その他の真菌症、手術・術後等の合併症について発症率を集計しています。

医療資源を最も投入した傷病名と入院の契機となった傷病名が同一かそれ以外で症例数を集計しています。

播種性血管内凝固症候群とは、全身の微小な血管の障害及び血管が詰まることにより臓器に障害が現れます。がんや重症の感染症など、非常に重い病気を持つ患者に発症することがあります。また、様々な感染症などから血液に病原菌が入り、敗血症になることがあります。

術後の合併症は、手術や処置などの医療行為がもとで生じる疾患です。起こりうる合併症について事前に十分な説明を行うとともに、院内感染対策委員会を設置し、感染の防止に努めています。

当厚生労働省の集計条件に基づき、患者数が10未満の場合は「-」の表示としています。