診療科紹介

循環器内科

循環器内科では、高血圧や不整脈、虚血性心疾患などを中心に、

幅広く循環器疾患一般を診療しております。

医師会員からの紹介にはお断りすることなく、即時お引き受けしており、心不全等の緊急入院も随時対応しています。

お困りのことがございましたら、

いつでもお声掛けください。

■ 虚血性心疾患 
心筋虚血が疑われる患者さんをご紹介頂いた場合、問診のうえで心エコーやトレッドミル運動負荷試験、あるいはホルター心電図で初期評価を行います。必要があると判断した場合には320列マルチスライスCTによる冠動脈評価、心筋シンチによる虚血領域の評価を行います。冠動脈造影も積極的に行っており、有意な狭窄・閉塞病変を認めた場合には、血管内超音波(IVUS)や冠血流予備量比(FFR)などを指標にしながら経皮的冠動脈ステント留置術を行います。

■ 不整脈 
当院では動悸の原因となる期外収縮や心房細動など、日常的に見かけることの多い不整脈の評価・治療を行っています。とくに近年増加しています心房細動は、初期のリスク評価が重要であるため、多くの患者さんをご紹介頂いております。また洞不全症候群、完全房室ブロック、徐脈性心房細動などの徐脈性不整脈では心臓ペースメーカー移植術を行っています。近年、条件付きながらMRIが撮像できるペースメーカーが登場してまいりましたので、当院では積極的にMRI対応型ペースメーカーを使用しております。またMRI対応型ペースメーカーを装着した患者さんのMRI撮像も放射線科と連携しながら対応しています。

■ 心不全 
人口の高齢化に伴い、高齢者の心不全症例が増加しています。高齢者心不全は種々の心疾患を背景に、腎機能障害をはじめ多くの問題を抱えています。当院でも他診療科と連携しながら、高齢者心不全の入院管理を行っております。

■ 睡眠時無呼吸症候群 
就寝中の無呼吸は交感神経を活性化し、高血圧や糖尿病、ひいては虚血性心疾患や脳卒中という血管イベントのリスクを増大させることが知られており、当院では積極的に睡眠時無呼吸の検査・治療を行っています。外来でスクリーニングを行った後、無呼吸が疑われる患者さんについては、一泊入院で終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)を行います。この結果、中等度以上の無呼吸症候群であると判断した場合は、CPAP(持続式陽圧呼吸)療法を導入します。当院は病診連携を密に考えており、CPAP導入後には紹介元の先生への通院をお願いしています。もちろん当院での維持管理も承ります。循環器疾患の有無にかかわらず、無呼吸が疑われます患者さんがいらっしゃいましたらいつでもご紹介ください。

■ 禁煙外来 
喫煙は昔からよく知られている冠危険因子です。もちろん発がんリスクも有しています。当院でも喫煙による疾病増加を抑制するため、禁煙外来を開設いたしました。まずは当院にご紹介いただきました患者さんを中心に禁煙指導・治療を行ってまいります。禁煙を希望される患者さんがいらっしゃいましたら、ぜひ当科にご紹介ください。

心臓カテーテル検査装置

ペースメーカ埋込術

ペースメーカ埋込術

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.