診療科紹介

小 児 科

当院小児科の大きな特徴・特色、そして大きな役割は「開業小児科」と「熊本大学病院小児科」「医師会病院小児科」の医師(=出動協力医)が三位一体となって行っている病院併設型の小児初期および2次救急医療体制=「熊本方式」の中心的役割を担っていることです。

​特徴・特色

「熊本方式」には、総勢60余名の地域の小児科医が参加して、年間約17,000件の小児初期救急患者の診療を行っています。主に2次救急医療(入院診療)を担当する本院小児科常勤医(初期救急にも参加)は5名です。入院患者の診療については、病院機能に応じて他の病院小児科と連携しています。その一環として、小児救急に取り組むとともに、その裾野を広げる観点から、熊本県予防接種センターの運営、熊本県小児救急電話相談のバックアップにも取り組んでいます。
平成25年度からは食物アレルギー外来を開設し、経口食物負荷試験、食物アレルギー相談、エピベンの処方等を行っています。平成27年度からは、喘息及び、アトピー性皮膚炎等の診療も開始しました。 
平成28年度からは、当院で皮膚科も開設され、アトピー性皮膚炎などの診療も強化しています。

入院病棟

病棟は独立型の小児専用病棟(29床)で、プレイルーム、調乳室などを備えています。この数年間の入院患者件数は表記の通りですが、急性疾患による短期入院がほとんどで、長期治療を要する疾患児や慢性疾患児は、患児にとってより相応しい他の地域の病院小児科と連携して診療することにしています。しかし、扱う疾患は救急患者を中心にして多岐に亘っています(下表参照)。なお、病棟には常勤の保育士もおり、また近所の保育園からパネルシアターなどの出張サービスも頂き、入院患児・家族の支援を行っています。

2018年 小児病棟入院患者件数

症例検討会・勉強会

小児科出動協力医/症例検討会「ホッとハッと症例検討会」奇数月の、第3木曜日

「ホッとハッと症例検討会」は10年以上前から続いている症例提示を中心とした月例の勉強会です。

本科で経験された救急症例の検討によって経験の共有のみならず、多数の出動協力医が一堂に会しての生涯学習、交流、情報交換の場にもなっています。

医療機関の認定など

  •  熊本市急患センター

  •  日本小児科学会専門医制度研修施設

  •  日本アレルギー学会専門医教育研修施設

  •  小児救急医療拠点病院

  •  熊本県小児救急電話相談実施施設

  •  熊本県予防接種センター

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.