©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.

腹腔鏡手術センター

特色と実績

■ 平成25年5月腹腔鏡センターが設立いたしました。硬性鏡はストルツ社、軟性鏡はオリンパス社のフルハイビジョン内視鏡システムを導入しており、すべての症例に対し素晴らしい環境下に手術を行っています。そのため腹腔鏡下手術の症例数は毎年増加しています。

 

■ 当センターでは多くの臓器の手術を腹腔鏡下あるいは腹腔鏡補助下で行っております。適応疾患は胃癌、胃GIST、大腸癌、大腸良性疾患、胆嚢結石/ 胆嚢炎、胆嚢ポリープ、ヘルニア(鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、閉鎖孔ヘルニアなど)、虫垂炎、イレウス、膵腫瘍、脾腫、後腹膜腫瘍などです。胆嚢摘出術、虫垂切除術、大腸癌手術のほとんど、胃癌手術の約半数の症例において腹腔鏡下に行っています(各臓器別の腹腔鏡手術数年次推移のグラフをご参照ください)。

■ 腹腔鏡手術は開腹手術に比べて、低侵襲、出血が少ない、疼痛が少ない、回復が早い、入院日数が短い、社会復帰が早い、整容性が良いなどの利点があります。また癌の手術においても、しっかりした適応を設定して行った場合、生存率などの長期成績において開腹術と比べて遜色がないといわれています。また拡大視効果により肉眼で見るよりも、微細な解剖が見え易く、より正確な手術が可能となり得ます。最近は徐々に社会的認知度が高くなり、ニーズが増えてきています。

2019腹腔鏡センター②(胃癌).png
2019腹腔鏡センター①(結腸癌).png
2019腹腔鏡センター③(直腸癌).png
2019腹腔鏡センター④(胆嚢摘出).png
2019腹腔鏡センター⑤(虫垂切除).png
2019腹腔鏡センター⑥(イレウス).png
2019腹腔鏡センター⑦(虫垂症例数).png
2019腹腔鏡センター⑧(イレウス症例数).png
2019腹腔鏡センター⑨(大腸がん症例数).png