医療被ばく低減について

医療被ばく低減に努めています。

熊本地域医療センターは、2016年の1月に日本放射線技師会の審査を受け、3月に「医療被ばく低減施設」の認定を受けました。

審査を受けるにあたり、すべての放射線機器、すべての撮影部位に被ばく線量を把握し、可能な限り無駄な被ばくをしないよう見直しを行いました。国際放射線防護委員会ICRPや放射線技師会が定めている被ばくガイドラインと比べても十分に低い線量といえます。(ただし、線量が低くなると画質の低下を招きます。診断に耐えうる必要最小限度を見極めるのが重要になってきます)

また、医療被ばく相談のスペシャリスト「放射線管理士」も在籍しています。医療被ばくに関することで何か疑問があれば、遠慮なさらずにご質問ください。

被ばく認定証 (2).jpg

医療被ばく低減施設認定取得しました。

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.