​院長挨拶

  • 診療科    :

  • 役   職    :

  • 卒業年度 :

  • 診 察 日  :

 

  • 資 格 等  :

杉 田   裕 樹 (すぎた ひろき)

外   科

院   長

昭和63年卒

 

 

消化器外科・肝胆膵外科
内視鏡外科・一般外科
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

 

木曜日(セカンドオピニオン外来は月曜午後 予約制)

Fellow of American College of Surgeons(FACS)

ご あ い さ つ

 平素より大変お世話になります。

 当センターは昭和56年に現在と同じ熊本市中央区本荘に熊本市医師会立病院として開設されました。開設当初の病床数は165床でしたが現在は227床となり診療科が増加しています。

 開設以来約40年間にわたり熊本市医師会の事業である休日夜間急患センターを継続し、市民がいつでも医療機関を受診できるように努めています。癌診療に関しても熊本県指定癌拠点病院として診断から治療までクオリティーの高い医療を使命としています。また、令和2年4月から皮膚科医師に常勤医として来て頂き、内科や小児科医師と共同してアレルギー診療センターが立ち上がりました。熊本県小児救急医療拠点病院、熊本県アレルギー疾患医療連携病院、心筋梗塞等の心血管疾患急性期拠点病院、地域医療支援病院であるほか各種学会の認定施設を受け、中核病院として地域医療に貢献すべく努めております。また、医療機能評価機構認定や働きやすい病院評価認定も受けており病院の質および職場環境の質を担保することにも心がけています。

 当センターと紹介医は緊密な連携をとっており、紹介患者さんをいつでも受け入れる体制をとっていますのでお気軽にご相談・ご紹介ください。開放型で共同施設利用が可能となっており、紹介医は診察、手術や多種画像検査依頼が可能であることも特徴です。

 2020年春からCOVID-19の世界的大流行により社会や医療は大きく変化しています。当センターにおきまして2020年4月から5月にかけて職員の感染者が確認されました。熊本市保健所のご指導の下当センター感染対策部を中心に感染拡大防止を行い終息に至りましたが、感染者の発生や長期間の診療制限により市民の皆様や連携医療機関に多大なご心配ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。ゲノム解析によりCOVID-19は当センター休日夜間急患センター受診患者から当センター職員に感染したと考えられています。COVID-19はいつどのような形で病院内に侵入してくるかわかりませんので、当センターではなお一層厳重な感染対策に努めて参ります。

 病院の理念は、「かかってよかった、紹介してよかった、働いてよかった、そんな病院をめざします。」であり、この理念は全職員に浸透しております。

 当センターは、なくてはならない急性期病院として地域医療に貢献して参りたいと思います。 熊本地域医療センターをどうぞよろしくお願い申しあげます。

©Copyright-2015 熊本地域医療センター All Rights Reserved.